Coded Cultures Festival Music Night
Fennesz
Tom Ellis
Evala
Keiichiro Shibuya

2009 10 16 / UNIT

CODED CULTURES and media festival and MINIMAL TOKYO® are proud to present a special night of electronic and dance music in UNIT. It will feature performances by some of the top international and Japanese artists working in a wide range of music styles from deep electronica to minimal house and techno, including Fennesz, Tom Ellis, Evala, Keiichiro Shibuya, Ragoût de Lapin, Ametsub and Minimal Tokyo resident DJs. Book advanced tickets now!

アート・メディア・フェスティバル CODED CULTURES とMINIMAL TOKYO®はエレクトロニカ、ミニマルハウスシーンで世界的に活躍するアーティストを招待し、UNITにて音楽イベントを開催します。今回のラインナップは、エレクトロニカ界の巨匠 Fennesz を始め、UKから Tom Ellis 、東京のエレクトロニカアーティスト EvalaAmetsub 、Ragoût de Lapinのライブ、そしてAmetsub、Minimal TokyoレジデントDJによる豪華な競演となります。ぜひお見逃し無く!売り切れ必至なので、ぜひ前売り チケット ご購入ください!


Christian Fennesz.

FENNESZ is undoubtedly one of the most important electronic music artists of today. Described by the Rolling Stones Magazine as “the most pictorial composer-programmer in laptop electronica”, Fennesz uses guitar and computer to create shimmering, swirling electronic sound of enormous range and musical complexity. His recent collaboration with Ryuichi Sakamoto, a legendary Japanese musician, has received the highest international acclaim culminating in a collaborative album released in 2007. When not traveling, Christian Fennesz lives in Paris and Vienna, Austria.

FENNESZ は、現在エレクトロニカ界で最も影響力のあるアーティストの一人です。ローリングストーン誌は「視覚的想像力に訴えるエレクトロニカを創る作曲家、プログラマー」と評しています。ギターとコンピューターを用い、多様で複雑にきらめき渦巻くエレクトロニックサウンドを創り出します。また、過去に坂本龍一とのコラボレーションで話題を集め、2007年にコラボレーションアルバムをリリースしました。Christian Fenneszは現在パリとオーストリアのウィーン在住です。


Tom Ellis.

TOM ELLIS, from Wales/UK, composes unique and highly distinctive blend of minimal house and techno with the essence of funk, jazz and rock. His releases on Telegraph, Minibar and more then 20 other labels received glowing reviews from music press around the world and are often played by such artists as Akufen, Richie Hawtin, Daniel Bell and Magda. In 2004 Tom Ellis started Trimsound record label in collaboration Leif who they often perform together as “Trimsound Live” unit where they combine hardware sequencers, laptop and live bass guitar.

イギリス/ウェールズ出身の TOM ELLIS はファンク、ジャズ、ロック、ハウス、テクノのエッセンスを取り入れた新しいダンスミュージックを作曲しています。最近ではMinibarやTelegraphなどからも精力的にリリースし、世界中の音楽メディアに取り上げられ、Akufen、Richie Hawtin、Daniel Bell、Magda等も彼のトラックをプレイしています。
2004年に Leif と共に立ち上げたTrimsoundのレーベルでは、ハードウェアシーケンサー、ラップトップと生のベースギターを使った「Trimsound Live」ユニットとしてライブパフォーマンスを数多く行ってます。


Evala.

EVALA is Tokyo sound artist, composer and visual designer. He creates subtle yet powerful electronic music performances that have been recognized as some of the most outstanding pieces of Japanese sound art. Evala releases his music on the influential Tokyo electronic music label ATAK, he regularly produces sound design for public installations and performs extensively in Japan and abroad. He established Port record label in 2004.

EVALA は日本で活躍するサウンドアーティスト、作曲家、ヴィジュアルデザイナーです。彼の繊細且つパワフルなパフォーマンスは、最も優れた日本のサウンドアートと評されています。ATAKよりリリースをしている他、国内外のインスタレーションやパフォーマンスのために作曲をしています。2004年にはPortレコードレーベルを立ち上げました。


Keiichiro Shibuya.

KEIICHIRO SHIBUYA is a Tokyo artist and musician who produces some of the most progressive electronic sound in Japan. In 2002 he established ATAK record label that has become the key experimental electronic music label in Japan. He produces and performs extensively both in Japan and worldwide.

KEIICHIRO SHIBUYA は、日本で最も前衛的なエレクトロニック音楽を創るアーティスト/音楽家です。2002年に立ち上げたレーベル ATAK は、日本における重要な実験的電子音楽レーベルとなっています。国内外にて音楽制作、パフォーマンスを行い活躍しています。

AMETSUB is an up-and-coming Tokyo electronic music artist whose first release from PROGRESSIVE FOrM made a strong impact on electronic music scene in Japan. Since then he has played extensively in Japan and internationally at such locations as Sonar Tokyo, Summer Sonic and Nagisa along artists such as Vladislav Delay and Aoki Takamasa. His second album was released in February 2009.

東京で注目株のエレクトニックミュージック・アーティスト AMETSUB は、PROGRESSIVE FOrM からの初リリースが大変注目を浴び、その後Sonar Tokyo、Summer Sonic、Nagisaなど大型イベントでVladislav Delay、Aoki Takamasaらと競演。国内外で精力的に活動しています。2009年2月には2ndアルバムをリリースしました。

CODED CULTURES – Exploring Creative Emergencies (14 – 18 October, 2009) is a bi-national Austria – Japan festival which is focusing on a new generation of media and knowledge cultures. As part of the “Austria – Japan Year 2009” the festival introduces work of artists, curators and scientists from Japan, Austria and Europe. The symposium, the exhibition and the events of Coded Cultures are showing artistic developments on the intersections of the art, technology, science and entertainment.

CODED CULTURES – Exploring Creative Emergencies (2009年10月14~18日)はオーストリアと日本、両国間における主にメディアと知識文化の新しい世代に焦点をあてたフェスティバルです。日本オーストリア交流年2009の一環であるこのフェスティバルは、日本とオーストリアそしてヨーロッパのアーティスト、キュレーター、サイエンティストによる作品を紹介しています。Coded Culturesの様々なシンポジウム、エキシビション、イベントは、アート、テクノロジー、サイエンス、エンターテイメントの分野をまたがる芸術的進化を提示しています。

MAIN FLOOR ELECTRONICA

Fennesz – Live,
Evala (port, ATAK) – Live,
Keiichiro Shibuya (ATAK) – Special opening live set,
Ametsub (PROGRESSIVE FOrM, nothings66) – DJ.

MAIN FLOOR MINIMAL TECHNO

Tom Ellis (Trimsound, Telegraph, Minibar) – Live,
Ragoût de Lapin – Live,
Tatsuya (Minimal Tokyo) – DJ,
Doppio (Minimal Tokyo) – DJ.

SALOON

Sackrai (Archipel, Telegraph, op.disc),
Valentino De Bronff (Minimood),
Kenshi (Minimal Tokyo), Ryosuke.

Flyer design

Flyer artwork is by Berlin designer Paul Snowden.

Venue

UNIT in Daikanyama

Date and Time

October 16, 2009
23:30 – 6:00AM

Cover Charge

¥3500
¥3000 with flyer

E-mail us or click here for discount entry! ディスカウントをご希望の方は E-mail 、またはコチラ をクリック!


Download flyer.

Advanced tickets

P:336-155 / L:71975
発売日:2009.9.12.SAT
発売PG:ぴあ、ローソン、e+

You have to be at least 21 years old and present a valid photo ID.